奈義の黒牛

黒毛和牛ほど脂っこくなく
かつ、赤みの旨みも味わえる
いいとこ取りをしているお肉です

nagi3

奈義の黒牛はF1(交雑牛)です。
※F1=黒毛和牛とホルスタインの子供

この牧場は地元の藁を食べさせるなど
餌にもこだわっています。

スーパーに並んでいる牛肉は
通常2~3週間熟成させたものを商品として並べていますが

奈義の黒牛は氷温熟成という技法を使って、
そこからさらに1~2か月熟成させています。

交雑牛の品評会でもトップクラスの実績があり人気も高いです。

こんな方におススメします

ni001

霜降りを毎日食べ続けると脂が多くて飽きてしまいます
霜がたくさん入ってる肉は飽きたな~と思われる方には最適です。

赤みと脂を両方味わえるお肉なので
肉好きの方にもおススメです!

黒毛和牛をよく食べる人は
味の違いを楽しんでください。

店主・川上からのメッセージ

奈義の黒牛は氷温熟成させることによって、
赤みが柔らかくなり、うま味成分が増え脂が溶けやすくなり

サラッとなるので
美味しいお肉をたくさん食べたい人にもおススメです。

タンパク質を取り過ぎると良くないと言われる方もいらっしゃいますが
タンパク質を摂取しないとアルブミンの低下、ヘモグロビンの低下に繋がるので
薬を服用していたとしても体に運べなくなりますし、だるさなども取れなくなります。

動物性でも、植物性でも体の中に入ったらアミノ酸になるので
健康志向の方でも動物性はしっかり摂取されていいと僕は思います

豊福牧場 豊福さんインタビュー

nagi5

奈義ビーフとは、岡山県勝田郡奈義町で生産された牛のことを言います。

奈義ビーフというのは2種類ありまして、
1つは黒毛和牛。もうひとつは交雑牛の二種類があります。

交雑牛とは、お父さんが黒毛和牛、お母さんがホルスタイン。
その掛け合わせたF1種と呼ばれるものを生産しています。
そのなかで、今回提供させていただくのが、交雑牛(F1種)です。

このF1種は、お父さんである黒毛和牛には肉質的にはサシが細かい。
さらに柔らかさと脂の甘さ、香りがあります。

お母さんであるホルスタインには、
肉質的には多少固さがありますが、サシが入りにくい。
ですので赤みが多くてお肉自体の味がある。

もともとホルスタインは和牛とちがって繊細さというか、
香りや脂が無い分、お肉のにくにくしさや荒々しさがあり、
がっつりお肉を味わうには食べやすいしヘルシーでもあります。

その二つの特徴を掛け合わせるとどうなるかというと、
もちろんそこには技術が入ってきますが、脂が入る部分。

例えばロースとか、バラ肉であるとか。
そのような部位にはしっかりとサシが入り、
モモや腕であるとはかサシが入らない。

なので両方が楽しめる凄くバランスの優れた牛になります。
なので多くの人に提案が出来ます。そのなかでもこの奈義ビーフの特徴として
和牛と同じような飼育をして生産をしています。

nagi

どうしても交雑牛となると、和牛よりもランクが下に思われる人もいますが、
決してそういう訳ではなく、お肉自体のバランスもよく多くの人に味わって頂けますし、
私の所の奈義ビーフは和牛と同じような目線で生産致しますので、

通常交雑牛のみを飼育している所よりも凄くシビアに管理をしたりして、
牛を飼う事にとても真摯に向き合って生産しています。

ですから品質の高いものを提供出来ていると思います。

僕の代で3代目になりまして、祖父の代から続く生産農家です。

奈義ビーフと言われる牛は、20数年前から存在はしていましたが、
なかなか岡山県で発信する機会がありませんでした。

当時は生産の約95%位はそのまま関西圏の方に出荷していました。
そのため地元では食べられないし認知もありませんでした。

奈義ビーフは全国和牛能力共進会という、
肉で言うオリンピックみたいな品評会で
第九区という部位で全国2位をとりました。

また、西日本のコンテストで2連覇したりと、
実績はあったのですがなかなか食べれる場所も少なく、

一部の肉の関係者の中には知られているけど
一般の消費者にはなかなか知られていませんでした。

奈義町は、自然豊かな場所で空気とか水とかも優れています。

nagi7

牛というのは環境が大事で寒さには元々強いのですが
30度を超えるアツさが続くと摂食障害という、食べる事がしんどくなる、
人間で言うと夏バテのようになる傾向があります。

その辺りも岡山県の南部に比べると気候も穏やかですので
場所としても向いています。

あと、餌の事になっていきますが、
牛の餌の一部としてWCSや藁を与えています。
WCSというのは、『稲ホールクロップサイレージ』といって発酵飼料です。

とうもろこしや稲のように、従来は子実をとることを目的に作られた作物を、
繊維の多い茎葉部分と栄養価の高い子実部分を
一緒に収穫してサイレージに調整したものです。

こうして利用することにより、乳用牛や、肉用牛にとってバランスがとれ、
栄養収量の高い飼料が生産できます。

このような方法は、全ての産地の人ができるわけでもなく、
その地で田んぼがあり、農業をしていないと出来無い事でもあります。

良い藁や草を県北の環境によって与える事ができます。
牛も人間もそうですけど食べるもので体内環境はつくられれると思います。
その積み重ねが奈義という場所はとても恵まれていると思います。

例えば、松坂とかでも産地の強みがあるとおもいます。
そのまわりに農家が必要です。

そうなると藁とかの飼料の取り合いになり集まりにくくなり、
輸入等の飼料に頼ってしまいます。

その点、奈義ビーフは地元産で完結できる良さがあります。

その他にも牛の管理法として。食べさせること。
休ませる事。この二つが重要になってきます。
どのように餌を食べさせて、どう寝させるか。が大事なんです。

寝床をしっかりと管理して変えてあげる。
(通常は一ヶ月ぐらいで変えるものを二週間で交換してキレイにしてあげる。)
発酵飼料も他の農家さんに比べて2、3倍あげている。

nagi6

発酵飼料は整腸作用があるので牛は草食動物なので胃の数が4つあるし、
腸も人間の数十倍あるので腸内環境が人間よりも影響力が高いのです。

ですから整腸作用を整えてやる事により牛も
元気になっていくというスタイルを大事にしています。

当たり前の用であまり出来ていない事を徹底して管理しています。
ですから健康のため薬等の抗生物質に頼る事なく
元気で健康な牛が育つ環境を厳守しています。

牛が健康であるから消費者も安心して食べる事が出来るのです。
『牛の命を預かる。』それを『食べる人の命を預かる。』
というのを大事に考えています。

我が農家は人と良いものの基準が違うのです。

僕のスタンスは『牛とともに生きる。』
『後悔しない今を生きる。』です

市場で値段が高いものを目指して作るのではありません。
それは本当の農業としての疑問を感じるのです。

食べてくれる人の、安心安全やおいしいという言葉を
目指して作るのが本来の姿だと考えます。
そこを目指す。

美味しいもの、良いものを目指してこれからも牛の為、
消費者の為を一番にやっていきたいと思います。

ステーキ用
すき焼き用
しゃぶしゃぶ用
焼き肉用

ステーキセット 霜降り赤身詰合せ注文番号ni001

販売価格(税別)
¥20,000
在庫状態
在庫有り
数量 1.6㎏

ステーキセット 霜降り肉注文番号ni002

販売価格(税別)
¥10,000
在庫状態
在庫有り
数量 700g

ステーキセット 霜降り肉注文番号ni004

販売価格(税別)
¥5,000
在庫状態
在庫有り
数量 300g

すき焼きしゃぶしゃぶ用セット 霜降り赤身詰合せ注文番号ni003

販売価格(税別)
¥10,000
在庫状態
在庫有り
数量 900g

すき焼きしゃぶしゃぶ用セット 霜降り肉注文番号ni005

販売価格(税別)
¥5,000
在庫状態
在庫有り
数量 400g

焼き肉用 霜降り赤身詰合せ注文番号ni007

販売価格(税別)
¥10,000
在庫状態
在庫有り
数量 900g

焼き肉用霜降り肉注文番号ni006

販売価格(税別)
¥5,000
在庫状態
在庫有り
数量 400g

この商品を買った人はこんな商品も買っています

岡山百貨店の運営者について

運営会社  合同会社 岡山の才
      岡山県岡山市中区国富3丁目3番33号

運営責任者 藤原智貴

食品の加工、流通、販売

サイト利用ご案内

お支払い方法
クレジットカード・銀行振り込み・代引き

配達方法 ヤマト運輸
送料についてはこちら

営業・お問い合わせのご案内

お買い物時間 24時間年中無休

お問い合わせ 086-201-5003
       こちらのフォームもご利用ください。

休業日にいただいたご注文やお問い合わせは、
翌営業日に対応させていただきます。